弁当夫婦

R246 STORY ユースケ・サンタマリア 監督作品 「弁当夫婦」
永作博美とユースケ・サンタマリアが好演! 気丈な女と繊細でナイーブな男の一風変わった愛の物語。

おすすめ情報

***********************************

ストーリー

朝も早くから、腕をふるって弁当を作る女(永作博美)。後から起きて、あまり会話を交わさない男(ユースケ・サンタマリア)。
2人はともに37歳。長年、同棲生活を続けていることで、一緒にいることが、ごくごくあたりまえになっていた。
お互いに結婚を望んでもいるが、完全にタイミングを逸している状態だ。
「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く出勤する。女はR246沿いのビルにあるギャラリーに勤務し、男はそこから見える路上で移動式カフェ“金魚屋コーヒー”を経営している。

昼休み。近くの公園のベンチで、いつものように女は男が来るのを待ち、男がやってくると一緒にお手製の弁当を食べる。
そして、「じゃ、後ほど」と言いながら、女は男より早く職場に戻る。毎日、同じことの繰り返し。慣れとともに、以前より少なくなっていく、日々のコミュニケーション。
ある日の午前、女が“金魚屋カフェ”にやってきた。「ちょっと話をしよう」と言いながら…。

お気に入り

***********************************

概要

監督: ユースケ・サンタマリア
脚本: ユースケ・サンタマリア/岡田 俊平
エンディングテーマ曲: 『慰安旅行』(KAKUBARHYTHM2008)/SAKEROCK
プロデューサー: 豊田健雄/廣瀬雄
出演:ユースケ・サンタマリア/永作博美