『R246 STORY』とは』とは

東京都千代田区をスタート地点に、神奈川県の内陸部を縦断。そして、静岡県沼津市へと至る、全長122.7kmに及ぶ、国道246号線。長年に渡って、246(ニーヨンロク)の通称で親しまれ、青山・表参道・原宿・渋谷といったジャパニーズ・カルチャーの発信地を沿道に抱えている。そんなシンボリックな国道をテーマに、若者を中心にリスペクトされる6人のクリエイターがショートフィルムを競作!それぞれの246に対する熱い想いを、SF、時代劇、ラブストーリー、青春モノ、ドキュメンタリーなどに昇華させた、異色のオムニバス・ムービー。(作品資料より)

スタッフ

監督:浅野忠信/中村獅童/須藤元気/VERBAL(m-flo)/ILMARI(RIPSLYME)/ユースケ・サンタマリア
製作:「R246 STORY」フィルムパートナーズ(ポニーキャニオン/電通/ソニマ/テレビ東京/フューチャー・プラネット)
制作:フューチャー・プラネット
制作協力:インダストリアル・ピクチャーズ
配給:ゴー・ シネマ
宣伝:デジタルハリウッド・エンタテインメント

監督プロフィール

浅野忠信

浅野 忠信(あさの ただのぶ、本名:佐藤 忠信、1973年11月27日 - )は、日本の俳優。神奈川県横浜市南区出身。血液型A型。 身長179cm、体重58kg。

88年『金八先生3』のオーディションに合格し、TV・ドラマデビュー。その後、90年に松岡錠司監督『バタアシ金魚』で映画デビュー。91年『あいつ』、92年『青春デンデケデケデケ』、93年『眠らない街−新宿鮫−』、94年『119』と立て続けに出演。

プライベートでは、95年に『PiCNiC』で共演したCHARAと結婚し一男一女をもうけている。また、映画だけではなくCMにも出演、バンドPEACE PILLの活動、イラストレーターとして活躍するなど、多方面で活躍している。

中村獅童

二代目 中村 獅童(にだいめ なかむら しどう、昭和47年(1972年)9月14日 - )は、日本の歌舞伎役者、俳優、声優。本名、小川 幹弘(おがわ みきひろ)。乙女座。血液型はO型。身長177cm。体重63kg。足のサイズ26.5cm。

『いま、会いにゆきます』などの映画や『新選組!』などのTVドラマ、『浪人街』などの歌舞伎以外の舞台と、現代的な感性と雰囲気を活かして他分野に積極的に進出し、歌舞伎ファン以外にもよく知られる存在となった。歌舞伎でも『毛抜』の粂寺弾正、『双蝶々曲輪日記(ふたつちょうちょうくるわにっき)』角力場の濡髪、『御所五郎蔵』の五郎蔵など、次々と大役に挑戦して成果を上げている。

須藤元気

1974年3月8日、東京都出身。元総合格闘家。現役時代からモデル、俳優として活躍していた。06年、引退表明後は、作家を主軸として活動としている。映画出演作に、『狂気の桜』(02)、『フライ・ダディ・フライ』(06)などがある。本作が、監督デビュー作である。

VERBAL(m-flo)

本名:柳榮起(読み:リュウ・ヨンギ)。1975年8月21日生まれ。東京都出身の在日コリアン3世。ラップ、リリック等を担当。セント・メリーズ・インターナショナル・スクール出身。血液型B型。日本語、英語のバイリンガル。既婚者。

ILMARI(RIPSLYME)

ILMARI(イルマリ、1975年6月17日 - )はヒップホップユニットRIP SLYMEのMC、TERIYAKI BOYZのリーダーMC。本名:荻原イルマリ恵介(おぎはら・いるまり・けいすけ)。フィンランド・ヘルシンキ生まれ、東京都江東区育ち。同メンバーのRYO-Zと同じく江東区立東川小学校、深川第七中学校卒業。日本人の父とフィンランド人の母を持つハーフである。FUNKY GRAMMAR UNITの一員。芸名は、フィンランドでのミドルネームから。

ユースケ・サンタマリア

1971年3月12日、大分県出身。94年、日本唯一のラテンロックバンド、BINGOBONGOのヴォーカリスト&MCとしてデビュー。解散後は、タレント、俳優として活躍。主な映画出演作は、『踊る大捜査線』シリーズ、『酒井家のしあわせ』(06)、『UDON』(06)、『キサラギ』(07)など。本作が督デビューとなる。